歴史ある日本の伝統工芸透き通る美しさ「琉球ガラス」 引き継がれていく伝統の文化

透き通る美しさ「琉球ガラス」 引き継がれていく伝統の文化

太平洋戦争後、駐留米軍のコーラやビールなど色つきの瓶の再生から独自のガラス文化「琉球ガラス」が生れました。その後、沖縄県の伝統工芸品に認定され多くの現代の名工を輩出するまでになり、沖縄を代表する伝統工芸品となりました。

沖縄の地域ブランド「琉球ガラス」

琉球ガラスは4人~5人で制作される手作りガラスで、「宙吹き法」や「型吹き法」で作られる吹きガラス工芸です。

琉球ガラスの歴史

明治時代

長崎や大阪からガラス職人を呼び、ランプや薬瓶・蚊取り瓶などの生活用品を制作が始まります。これが琉球ガラスの始まりと言われています。

太平洋戦争後(1950年代後半)

駐留米軍の持ち込んだコーラやビールなどの色つきガラス瓶等をもとに気泡を含んだ「少し変わった自然なデザイン」が生まれ、沖縄独自のガラス文化が誕生します。

ベトナム戦争時(1960年代)

沖縄にやって来た米兵のお土産として脚光を浴びて注文が増え、工房も増えていきます。

沖縄海洋博覧会時(1975年~1976年)

1972年の本土復帰後に開催された「沖縄海洋博覧会」時に観光客のお土産になり、需要が増えていきます。そして、廃瓶の再生利用に替わり原料ガラスが仕様されるようになります。

1983年

「琉球ガラス工芸協同組合」が誕生します。琉球ガラス工房全8社のうち6社の琉球ガラス工房が合併したのです。

1985年

琉球ガラス工芸協業組合に組織変更し、直営の「琉球ガラス村」をオープン、共同生産・販売も実現します。

1990年~

琉球ガラスから「大城孝栄」「稲嶺盛吉」「桃原正男」ら3名の「現代の名工」(労働大臣表彰)が生まれます。そして1998年には琉球ガラスが沖縄県の「伝統工芸品」に認定されました。今ではさらに工房・個人工房が増え続け、さまざまな作品が生まれています。

 

琉球ガラスで人気のグラスやアクセサリー

琉球ガラスで人気のグラスやアクセサリー

琉球ガラス カレット 虹のかけら

琉球ガラスのカレットです。カレットとはガラス製品などを破砕したものです。「割れ方や光の加減によりとても綺麗」ということでレジンアクセサリーの材料として使われるようになりました。

沖縄県工芸士謹製琉球グラス ガラス 残波の夕日グラス

「読谷村(よみたんそん)」で生まれ育った沖縄県工芸士「松田将吾」が作ったグラスです。読谷村の北端には30mもの断崖絶壁になっている「残波岬(ざんぱみさき)」があります。その岬から眺めた夕日は美しく、その景色への想いを込めて作られたのが残波の夕日グラスです。

吹きガラスによる完全な手作業で作られたグラスには、飲むたびに違う色合いになるよう工夫が施されています。ビールを注ぐと夕日の色が、泡盛を入れると爽やかな青が浮かんできます。お酒を飲むのが一段と気持ちよくなる、そんなグラスです。

エンジェリック 琉球ガラス 元祖美ら海 ロックタンブラー

オリジナルな名入れのできるロックタンブラーです。ロックグラスより縦に少し長くなったものがロックタンブラーで、上部のスペースに名入れができます。漢字でも英語でもお好きな文字を彫刻できます。

グラスは厚みのあるしっかりとしたもので使いやすく、3色の中からお好きなものが選べますのでペアグラスにしてもおしゃれです。沖縄の海を思わせる工夫があり、飲むにつれて微妙に色が変わるのも魅力です。

ガラスの幻想 ほたる玉

ほたる玉とは、銀箔をガラス玉に入れてほたるの幻想的な輝きのようにしたガラス玉です。色はブルー、ピンク、グリーンなど。職人が手作業で一つひとつ作っているため、同じ規格サイズでも大きさが若干異なります。

しかしそれもまた魅力の一つ。さらに、ガラス玉の中の銀箔部分も1つ1つ異なっているので違う輝きを楽しめます。

主に、ブレスレットやネックレス・ピアス・かんざし・ストラップに使われることが多く、女性へのプレゼントにも人気です。

海風 沖縄県産プレミアム琉球ガラス 海風風鈴

読谷村(よみたんそん)の沖縄工芸士松田将吾氏のヒット作「海風ロック」創立10周年モデルがベースになっていて、本体の水色の中に気泡などがあり、まるで海そのもののようなデザインをした風鈴です。

中のサンゴは工房のすぐ近くのニライビーチで採取したもので、まさに沖縄の音を奏でる風鈴です。海外での人気も高くアメリカやヨーロッパからの注文も目立ちます。

 

琉球ガラスの手作り体験

琉球ガラスの手作り体験

琉球ガラス村ではガラス作品の製作が体験できます。所用時間が5分ほどのものもあり、時間のない方でも素敵な経験ができます。子供から大人まで楽しめるので、家族で行ってそれぞれ別々のメニューを行うこともできます。

体験メニューの紹介(料金は2017年10月時点)

Webからでも予約可能なものがあります(修学旅行や団体の方は電話でお問い合わせください)。
【琉球ガラス体験】http://www.ryukyu-glass.co.jp/workshop/

オリジナルグラス作り体験

なかなか体験することができないガラスを膨らませる「型吹き」などの工程を、職人気分で楽しめる一番人気のメニューです。5分でできるので時間のない方にもおすすめです。

  • 要予約
  • 対象年齢:小学生以上
  • 料金:1,620円
  • 所要時間:5分

お皿作り体験

体験で作る「海の色のお皿」は沖縄の美ら海をイメージしたもので、きらきらと太陽光で光ります。

  • 要予約
  • 対象年齢:中学生以上
  • 料金:2,700円
  • 所要時間:10分

アクセサリー作り体験

家族や友人とワイワイ喋りながら楽しめる人気の体験です。琉球ガラスのトップを紐やビーズと組み、ストラップやネックレスなどを作ります。

  • 予約なしでも可
  • 対象年齢:小学生以上
  • 料金:1,620円
  • 所要時間:40分

フォトフレーム作り体験

琉球ガラスのかけらや貝を木製のフォトフレームにボンドで貼りつけていきます。どんどんキレイなフォトフレームになっていくので夢中になりやすく楽しい体験です。

  • 予約なしでも可
  • 対象年齢:小学生以上(保護者が同伴であれば小学生未満でも可)
  • 料金:1,080円
  • 所要時間:40分

ジェルキャンドル作り体験

「小さな海の世界」をガラス容器の中に作る体験です。砂の上にガラスの魚や貝を並べてあなただけのジェルキャンドルを作りましょう。

  • 予約なしでも可
  • 対象年齢:小学生以上(保護者が同伴であれば小学生未満でも可)
  • 料金:1,080円
  • 所要時間:40分

万華鏡作り体験

琉球ガラスのカレット(かけら)を万華鏡キットに入れて作ります。とても美しい万華鏡になりますので子供達にも人気で、お土産としても喜ばれます。体験料金もお手頃でおすすめです。

  • 予約なしでも可
  • 対象年齢:小学生以上(保護者が同伴であれば小学生未満でも可)
  • 料金:648円
  • 所要時間:15分

色付け体験

シーサーや魚・風鈴に色を塗る体験です。家族全員、子供からおじいちゃん・おばあちゃんまで楽しめます。

  • 予約なしでも可
  • 対象年齢:小学生以上(保護者が同伴であれば小学生未満でも可)
  • 料金:756~1,620円(シーサー・魚・風鈴など色付け対象により異なります)
  • 所要時間:90分(色付け対象により少し異なります)

体験メニューは以上の7つです。

 

戦後から多くの人の手で引き継がれてきた琉球ガラスは沖縄を楽しむうえですっかり欠かせないものになっています。素晴らしい製品を購入するもよし、楽しい体験をするもよし、琉球ガラスはさまざまな喜びを私たちにもたらしてくれることでしょう。