歴史ある日本の伝統工芸これぞ伝統の味!曲げわっぱの弁当箱でご飯がおいしくなる?

これぞ伝統の味!曲げわっぱの弁当箱でご飯がおいしくなる?

資料が少なくハッキリとした証拠は残されていませんが、曲げわっぱの歴史は古く奈良や平安時代にまでさかのぼるとされています。そこで今回は、今なお、お弁当箱として脚光を浴びている「曲げわっぱ」の魅力を、メリットや使う際の注意点などを紹介しながらお伝えします。

曲げわっぱの弁当箱が人気の理由

曲げわっぱの弁当箱が人気の理由

曲げわっぱとは

曲げわっぱとは、スギやヒノキを薄板状に加工し、を円筒形に曲げて作られる木製の箱のことです。お弁当箱として使われることが多く、特に秋田県の大館市で作られる「大館曲げわっぱ」は日本の伝統工芸品として有名です。

曲げ物(まげもの)の伝統工芸品としては、

  • 青森県藤崎町の「ひばの曲物」
  • 静岡県静岡市の「井川メンパ」
  • 福岡県博多区の「博多曲物」

などが挙げられます。

曲げ物
本体とふたが一対になっているもの。

曲げわっぱを使う際のメリット

曲げわっぱの材料には主にスギが使われています。木目の美しさに加えて、弾力があって加工しやすいことや「調温作用」「調湿作用」「空気浄化作用」が優れていることなどが理由に挙げられます。

  • 調温作用:夏は食材が痛みにくく、冬は米が固くなりにくくなる
  • 調湿作用:米から出てきた水分をしっかりと吸収し、べちゃべちゃにならずにおいしく食べられる
  • 空気浄化作用:スギの香りをたしなみながら弁当を食べることができる

この3つの作用で弁当の中身がしっかりと守られます。色々な悩みを一掃してくれるメリットが曲げわっぱにはあるのです。

さらに曲げわっぱを使うことで、多少寂し気な食材でも厳選された食材のように見た目を演出することができます。あまり手間をかけずに見栄えの良いお弁当を作れるため、お弁当男子にも支持を得ています。

 

曲げわっぱを使う際に気を付けること

曲げわっぱを使う際に気を付けること

曲げわっぱを使ううえで注意しなくてはならないのは「値段」「管理方法」「汁漏れ」「電子レンジ」の4つです。

値段が高い

曲げわっぱに使用されるのは樹齢150年〜200年の天然秋田杉。とても貴重な木地となるため、当然曲げわっぱも高価になります。天然スギに比べて人工で作られた価格の安いスギは、柔軟性が低いため加工が難しいのです。

管理が難しい

材質が木であるため、プラスチックに比べると非常にデリケートです。雑に扱ってしまうと塗料がはげて、そこから水が入り黒ずみになります。表面を削れば落とすことはできるものの、手間がかかってしまうのであまり雑には扱わないようにしましょう。

汁漏れを起こしやすい

木材で作られているため仕方のないことですが、気候の変化により木材自体が伸び縮みします。加えて、プラスチック弁当箱のようにゴムパッキンがないので密閉性が低く汁漏れを起こしやいです。

米から出る水分は吸収することができますが、過剰な汁物は入れないようにしましょう。

電子レンジが使えない

電子レンジは水分を振動させて食材を温めるものですが、曲げわっぱの場合は木材の性質上、本体がゆがんでしまいます。それほど曲げわっぱはデリケートなのです。

曲げわっぱを5年10年と長く使うためには、細かな部分に気を付けることが大事になります。

 

曲げわっぱを長く使うためのお手入れ方法

曲げわっぱを長く使うためのお手入れ方法

お手入れ方法

まずお手入れの基本、洗い方から紹介します。前提として手洗いが必須で、ほかの弁当箱と同じように水と洗剤で洗います。その後、よくすすぎ、水気をしっかりときってから干しましょう。できれば木材の伸び縮みがあるので長く水には漬けないでください。

注意
伸び縮みを繰り返すと本体が長く持たなくなってしまう

弁当のつめ方

ご飯を先につめるようにしましょう。あとはほかの弁当箱と同じです。汁漏れしてしまわないように、汁が多いおかずにはおかずカップなどを使うと良いでしょう。

曲げわっぱを使う際の注意点

曲げわっぱで注意すべきは、洗った後、完全に水気を飛ばすことです。

ポイント
水分への対策が曲げわっぱを長く使えるか否かの分かれ道。乾燥が不十分だとカビが発生してしまうため、日が当たらない風通しの良い場所に置きます。絶対に食器乾燥機は使わないようにしましょう。

また、毎日使っていると気になるのが臭い移り。もし臭いが弁当箱に移ってしまったら、お湯に数十分漬けることを毎日繰り返すと、だんだんと臭いが消えます。

 

曲げわっぱの種類と伝統品

大館曲げわっぱ

秋田伝統の名品 大館曲げわっぱ

秋田県大館市の工芸品である大館曲げわっぱは、経済産業大臣指定伝統的工芸品です。曲げわっぱブームの火付け役とされる一品で、秋田音頭にも名物としてうたわれています。17世紀後半には、大館城主佐竹西家が下級武士の副業として奨励し発展しました。

美しい木目を持ち弾力性に富む天然秋田杉を、薄く剥いで熱湯に漬け、やわらかくなったらそれを曲げて加工し、山桜の皮で縫い止めをして完成です。なお、伝統工芸品は国から認められた伝統工芸士が一つひとつ手作りで作っており、全て木目が違うため世界で一つの品になります。

MEMO
大館曲げわっぱにはオリジナルのステッカーが貼られており、そのステッカーが証明書代わりになっています。

塗りの種類

曲げわっぱの塗りには「白木」「漆」「ウレタン」の3種類があります。

白木(しらき)

白木とは塗料を塗らない白地(しらじ)のままの状態、簡単に言えば何も塗らない状態のことです。白木の場合は木材に悪影響が出てしまうため洗剤を使わないで洗うようにしましょう。

漆(うるし)

漆は漆の木から作られた塗料で塗ったものです。これは「漆塗り」と呼ばれる技法になります。

ウレタン

ウレタンという化学塗料で塗られたものです。白木や漆に比べて独特な匂いがします。

どれが良いかは個人の感覚によりますが、

  • 箱からの自然な香りに関して白木に勝るものはありません
  • 漆は鮮やかな色合いがバツグンで存在感もあります
  • ウレタンは塗装により耐久性が増しています

自分のスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

2012年度をもって材料である天然秋田杉が資源保護のために伐採禁止となってしまいました。在庫がなくなると、天然秋田杉で作られた曲げわっぱは手に入りません。まだ新しい製法はできていないため、正真正銘の曲げわっぱはチャンスを逃すともう手に入らない可能性があります。

この瞬間にも曲げわっぱの材料のスギはなくなっています。思い立ったが吉日という言葉があるように、数少ない「真の曲げわっぱ」を手に入れてみませんか。