食品・食材捨てられていた海藻「アカモク」がスーパーフードになった理由

捨てられていた海藻「アカモク」がスーパーフードになった理由

全国の沿岸に幅広く生育しているアカモク。もともと食用とされていた地域を除いて、邪魔者扱いされることはあれど地域資源としては見向きもされていませんでした。しかし近年、そんなアカモクの健康成分が注目され、各地で地域活性化につなげようとする動きが広がっています。

アカモクとは

アカモクとは

アカモクはホンダワラ科の海藻です。緑色ですが、老成すると赤褐色になります。7m程度にまで成長し、漁船のスクリューに絡まってやっかいもの扱いされることもしばしば。北海道から鹿児島の沿岸にはどこにでも繁茂する、冬から春にかけて伸びる一年生の海藻です。

タンニンが多く組織が硬いために成熟したものは食用に適しませんが、地域によっては若い部分が古くから食べられていました。しかし、好んで食用にされてきた地域がある一方で、漁の邪魔になると毛嫌いされてきた地域も少なくありません

ただ、食べてみるとネバネバでシャキシャキの新しい食感と磯の香りが感じられ、食べ始めると止まらなくなるようなクセを持っています。ぬめりにはフコイダンという抗酸化作用と抗菌作用を持つ成分が豊富に含まれており、味だけでなく健康にも良い食品として注目されています。

アカモクの色々な呼び方

アカモクは岩手県や秋田県・山形県・新潟県・京都府など日本海側の漁村を中心に古くから食べられていました。

各地で呼び方が異なり、

  • 秋田県ではギバサ
  • 山形県ではギンバソウ
  • 新潟県ではナガモ
  • 島根県ではハナタレ

と呼ばれています。

また、漁の邪魔になるからと嫌われてきた地域では、ジャマモクやバツモクと呼ばれ、ゴミとして廃棄されてきた側面も持ち合わせます。

 

アカモクの食べ方

アカモクの食べ方
アカモクをおいしく食べるためには、

  • 下処理の方法
  • 保存方法
  • 相性の良い食べ物

など抑えておくべきポイントが多々あります。以下より見ていきましょう。

アカモクの下処理方法

生のアカモクには、多量摂取することで健康被害が出るミネラルの一つであるヒ素が含まれています。ヒ素を減少させるにはしっかりと下処理を行う必要があります。

  • 手順1
    水洗い
    漁獲されてすぐのアカモクには、小さなゴミ・泥が付着していることがよくあります。2回~3回程度ゆすぎ、汚れを落としましょう
  • 手順2
    葉の部分のみを取り出す
    アカモクの茎の部分は非常に固く口当たりも最悪です。先端から根の方向に向かってしごけば、葉の部分のみをきれいに取ることができます
  • 手順3
    再度水洗い
    葉のみになったところで、先ほど取り除けなかった細かなゴミを再度水洗いすることで完全に洗い流します
  • 手順4
    湯がき
    アカモクの色が茶色から緑色に変化するまで数十秒ほど湯がきます
  • 手順5
    冷水で冷やす
    湯がき終わったアカモクを冷水にさらします。この作業が終わると、アカモク特有の粘り気が出てきます
  • 手順6
    水切り
    しっかりと水切りを行います。

アカモクの保存方法

下処理が完了したアカモクは日持ちがあまりせず、冷蔵で保存しても2日~3日位が限界です。すぐに全部を食べきれない場合には冷凍保存しておくと良いでしょう。

アカモクと相性の良い食べ物

アカモクにお好みでしょうゆやポン酢をかけて食べてもネバネバ食感が病み付きになりますが、納豆やとろろのようなネバネバした食べ物と組み合わせても相性がよく、おいしくいただくことができます。

ご飯の上にかけて食べればまさに絶品です。

また、みそ汁にアカモクを入れるとなめこ汁とはまた少し違ったとろとろ食感のみそ汁に大変身。こちらもおすすめですので、気になった人はぜひ試してみてください。

みそ汁に入れるタイミング
調理過程ではなく、食べる直前に入れるのがベストです。

商品紹介

伊勢鳥羽志摩特産横丁 あかもく

三重県の伊勢志摩地方ではジャマモクと呼ばれることが多く嫌われてきたアカモク。そんな伊勢志摩では、近年のアカモクブームを受けてアカモク漁が行われるようになっています。

伊勢・鳥羽・志摩の特産品を扱う通販サイト「伊勢鳥羽志摩特産横丁」でもアカモクを販売。

ここで販売されているアカモクの特徴は、乱獲によって絶滅させないよう根元を避けて収穫し、手作業で異物を取り除き、洗浄した後に瞬間冷凍をしていること。洗浄や異物の除去などの下処理が済んでいるため、解凍すればすぐに食べられます。

 

アカモクの栄養素と効能

アカモクの栄養素と効能

健康に良く機能性の高い食品として注目され、人気急上昇中のアカモク。その人気に恥じない豊富な栄養を誇ります。

特に注目されている成分は、ネバネバの正体である水溶性の食物繊維であるフコイダンとアルギン酸。

水溶性の食物繊維は便秘の解消に効果的です。

なかでもフコイダンは、

  • 白血球の免疫機能活性化
  • 抗がん作用
  • ピロリ菌の抗菌
  • 抗アレルギー作用
  • 中性脂肪とコレステロールの低減
  • 口臭の予防

などのさまざまな機能を持つ優れた成分。フコイダンが豊富と言われているモズクよりさらに多く含まれています。

また、骨作りに重要なカルシウムとマグネシウム、骨からカルシウムが流出するのを防ぐビタミンKが多く含まれているため、骨粗しょう症の予防にもなります。

ダイエットにも効果的?

豊富な栄養素を誇るアカモクは、ダイエット効果が高いとされていることも注目されている要因の一つです。

それは、前述の水溶性食物繊維であるフコイダンによる中性脂肪とコレステロールの低減効果と便秘解消作用に加えて、脂肪燃焼を促進する効果があるフコキサンチンという成分が豊富に含まれているからです。

フコキサンチンは海外でも注目されている成分で、海藻類のなかでもアカモクは最もその含有量が多いとされています。

食べ過ぎには注意

アカモクに限らず海藻類にはヨウ素が多く含まれています。ヨウ素は甲状腺ホルモンの構成成分として重要な役割を持つ成分です。しかし、その過剰摂取は逆に健康被害を引き起こすことにつながります。

 

アカモクで地域創生へ

アカモクで地域創生へ

全国アカモクサミット

アカモクの活用による地域活性化を目指し、岩手県アカモク生産協同組合が主催で2016年秋に第3回全国アカモクサミットが開催されました。主催の岩手アカモク生産協同組合は、1998年に岩手県三陸沿岸部の牡蠣漁師が中心となって設立したアカモク専門の協同組合です。

サミットでは、アカモクの健康効果や加工技術などが発表されました。アカモクはうまく活かせば重要な地域資源の一つとなる可能性を秘めています。サミットは、その可能性を最大限引き出すために、知名度の向上と普及活動を行うことを目的としています。

アカモクの多角的利用

アカモクはメディアへの露出が増えてすでに各方面から注目されているものの、さらに大きな地域資源となる可能性を秘めています。そこで、アカモクを地域ブランド化し、地域経済を活性化する多角的利用が求められているのです。

現在アカモク流通の主流となっているのは、アカモクを湯がいたり冷凍したりしてそのまま商品化する一次加工品。このアカモクを調味料などに二次加工できれば、特色ある付加価値を持った地域ブランドにすることが可能です。

例えば、神奈川県逗子市の株式会社TACでは、2015年から地元商工会や漁師と連携し、逗子産のアカモクを利用したしょうゆ・塩・酢を開発。商品化までたどり着いています。

また、前述のフコイダンやアルギン酸、フコキサンチンなどの有用物質を抽出してサプリメントや化粧品・医療品の原材料とできれば、さらに付加価値を高めることが可能です。

そのうえ、加工の際に発生する残渣も有用成分の抽出や畑への肥料として利用できるなど、有効活用が可能です。さらに、京都では根こぶ病という病気の抑制につながるのではないかという試験も行われています。

このように、アカモクはまだまだ活かしきれていない大きな可能性を秘めた地域資源なのです。

 

アカモクを広めるために生まれた「渚の妖精ぎばさちゃん」

アカモクを広めるために生まれた「渚の妖精ぎばさちゃん」

「渚の妖精ぎばさちゃん」はアカモクの販売促進と知名度の向上を目的に誕生したアニメキャラクター。湯通しすると赤から緑に変わるアカモクにちなんで、普段は赤い髪をしているぎばさちゃんも、テンションが上がるとその髪の毛が緑色に変色します。

出身地は宮城県塩釜市浦戸諸島。塩釜市からフェリーに乗ってすぐのところに位置する浦戸諸島には、桂島、野々島、寒風沢島、朴島の4つの有人島があります。ここは、2011年3月11日の東日本大震災によって発生した津波によって甚大な被害が出た場所。そんな地域を盛り上げようとキャラクターを作り、アカモクの特産化を目指しています。

合言葉は「ねばぎば」。アカモクの「ネバネバ」と「ギバサ」、「ネバーギブアップ」という震災復興への想いを掛けています。好きな食べ物はもちろんアカモク。2016年に行われた萌えキャラグランプリでは賞を受賞するなど活躍の幅を広げています。

 

これまで目を向けられることの少なかったアカモクは、その突出した機能性で地域活性化の鍵とする地域まで現れるようになりました。まだまだ可能性を秘めたアカモクに今後も注目です。