食品・食材自然薯に含まれる主な栄養や効能、山芋との違いなど徹底解明!

自然薯に含まれる主な栄養や効能、山芋との違いなど徹底解明!

とろろ飯に使われる食材の代表の一つ、自然薯(じねんじょ)。一般に畑で育てられる長芋とは異なり、山に自生する日本在来の植物で、その根から収穫できるイモは粘りが強く格別のとろみを生み出します。今回は自然薯の効能や魅力に迫ります。

自然薯の栽培

自然薯の栽培

自然薯とは

自然薯は日本原産のヤマノイモ科のツル性植物です。雑木林やヤブ、荒地に生えているので、本州から九州の山地にかけて幅広く生育しています。

しかし、土深くまで根が伸びるため、収穫するには土を掘りやすい斜面もしくはやわらかい土壌でなければ困難が伴います。それゆえ、非常に希少な山菜とされています。

一方で、山の土やそれと同様の土であれば場所を選ばずに生育するので、種芋を用意できれば自宅で栽培することも可能です。また、ツルが巻き付き生育しやすいようにネットを準備すれば、ゴーヤ同様に緑のカーテンを作ることができます。

緑のカーテン
「ゴーヤ」や「アサガオ」などのツル性の植物を窓の外や壁面に張ったネットなどに這わせて、カーテンのように覆ったもの

自然薯の生育と性状

家庭で栽培する場合は、4月~5月ごろに植え付けを行います。秋の10月ごろまで生長し、ハート型のかわいらしい葉っぱを付けます。この期間はアブラムシやヤマイモムシなどの害虫も発生するため、マメな手入れも必要です。

ポイント
自然薯は、10月ごろに付ける「ムカゴ」も魅力的。葉っぱの付け根にできる球芽で、自然薯の赤ちゃんにあたるものです。イモと違って葉っぱの付け根にできるので、収穫も自然薯より簡単にできるのが嬉しい点です。

サイズこそ小さいものの芋同様の旨みや粘りがあるので、塩ゆでしてそのままの味を楽しんだり、ご飯と一緒に炊き込む「ムカゴご飯」もおすすめです。

そして、11月下旬はいよいよ収穫時期。長いものは1m以上にもなるので、芋に沿って深い穴を掘り、丁寧に収穫します。

自然薯の繁殖

自然薯の繁殖方法には、主に2つの方法があります。

ムカゴ繁殖

10月ごろにできる「ムカゴ」を春に土のなかに植えれば、芽が出て大きく育ちます。1年ではあまり大きくならないので、2年以上かけて育てることが必要です。

切芋種繁殖

自然薯の1本の芋には1個の発芽点があり、そこから芽を伸ばしますが、芋を切り分けて分割して植えるとそれぞれから芽が出てきます。育ち方にそれぞれ違いは出てきますが、最も一般的な繁殖の方法となります。

 

自然薯に含まれる栄養価と効能

自然薯に含まれる栄養価と効能

自然薯は、平安時代には貴族階級の人々が食す高級食材として扱われていました。栄養価も非常に高く、特に日本人に不足しがちなカリウムや鉄分、銅などのミネラル成分、老化防止に役立つビタミンEなどの栄養分を豊富に含んでいます。

古くから漢方薬としても用いられており、さまざまな効能があるとされています。

アルギニンによる強精効果

昔から「山のうなぎ」と言われ、強精作用の効能が自然薯にはあります。これは、生殖能力を強めるアルギニンという成分が含まれているためです。

DHEAを増やすディオスゲニン

自然薯にはディオスゲニンという物質が含まれています。ディオスゲニンにはホルモンバランスを整えるDHEAを増やす作用があるとされています。

DHEA
デヒドロエピアンドロステロンのこと。脳内の神経細胞の情報伝達に関与し、神経伝達物質であるドーパミンを適切な量に戻したり、ホルモンの分泌を促進させる効果がある

豊富な食物繊維による便秘解消

自然薯には同様の種である長いもの2倍以上の食物繊維が含まれているため、便秘解消にも役立ちます。

ほかにも、サポニンという成分による免疫力アップや、美白成分のあるコンドロイチン、抗インフルエンザウイルス作用のあるディオスコリンという成分が含まれているなど、自然薯はまさに万能薬とも言える食物です。

 

おすすめの自然薯

おすすめの自然薯

神奈川の特産「自然薯大山」

神奈川県伊勢原市大山山麓(おおやまさんろく)にある農園「ファームいせはら」。伊勢原市は神奈川県の中央に位置しており、この地にそびえる大山は、豊かな自然と良質な水、温暖な気候に恵まれています。

そんな雄大な地で生産されているのが神奈川の特産「自然薯大山」です。

自然薯大山を通販で(神奈川ブランド 自然薯大山冷凍とろろ)

ファームいせはらが作る「自然薯大山冷凍とろろ」は、粘り気が強いためホカホカのご飯にぴったり。100gずつ小分けで包装されている点もポイントです。通販での取扱もあるため、ぜひ山の味を体感してみてください。

トーマス農園の「美白とろろ」

茨城県笠間市で自然薯の栽培に取り組んでいるのが「トーマス農園」です。トーマス農園が生産する「美白とろろ」は、名前のとおり「純白」の言葉がピッタリの真っ白なとろろができること、美白効果や老化防止の作用があることから命名されました。化学肥料を一切使わない無農薬にこだわった安心安全の自然薯です。

美白とろろを通販で(美白とろろ 自然薯(じねんじょ)「美白とろろ」)

「美白とろろ」も通販での取扱があります。とろろではなく芋の状態での発送のため、ご家庭ですりたてのおいしいとろろを体感してみましょう。

 

山芋・自然薯の違い

山芋・自然薯の違い

ここまで自然薯を中心に紹介してきましたが、近縁種である長芋や大和芋も紹介します。

そもそも山芋とは

「山芋」ですが、山で採れた日本原産の自然薯のことのみを意味する場合や、長芋や大和芋などヤマノイモ科のイモを総称している場合など、使う人によって意味はまちまちです。ここでは、長芋や大和芋も含む総称した意味で使用しています。

長芋とは

長芋は日本原産ではなく、中世のころに中国から日本に伝来したものです。名前のとおり芋は長く、ほかの山芋よりも水分が多く、すりおろした場合はサラサラとして粘りも少ないことが特徴です。

とろろよりも短冊切りにして醤油に付けて食べるとおいしく味わうことができます。

大和芋とは

名前のとおり日本の奈良県在来の種で、手の平に似た形やゲンコツのような形をしていることが特徴です。なめらかな粘り強さでとろろに向いています。食感も濃厚なため、長芋と同様に短冊切りにして醤油に付けて食べても良いでしょう。古くから栽培されてきた伝統野菜の一つとして、奈良県により「大和野菜」に認定されています。

また、関東の一部では長芋のことを「大和芋」と呼ぶ地域もあります。

自然薯とは

自然薯は、長芋や大和芋と比べて強い粘り気があります。また、長芋や大和芋にはない栄養成分も多く含まれています。

 

山の恵みである自然薯、いかがでしたでしょうか。都市部や街中ではなかなかお目にかかれない希少な食物です。食べたことのない方は、ぜひ一度その粘り気を体験してみてください。