食品・食材沖縄の海の味「海ぶどう」のおいしい食べ方と保存方法

沖縄の海の味「海ぶどう」のおいしい食べ方と保存方法

沖縄県を代表する特産品の一つである海ぶどう。しかし、海ぶどうが特産品となったのはそう昔のことではありません。そんな海ぶどうの歴史やおいしい食べ方、保存方法などを紹介します。

海ぶどうとは

ソーキソバやゴーヤチャンプルー、ラフテーなどと並んで沖縄料理屋で注文するメニューの定番となっている海ぶどう。プチプチとした食感とほのかな磯の香り、キャビアを思わせる半透明で緑色の鮮やかな見た目が人気を集めています。正式名は「クビレズタ」、海藻の一種です。

海ぶどうには天然と養殖がありますが、天然ものは数が少なく、流通するほとんどの海ぶどうは養殖となっています。天然の海ぶどうの自生地は宮古島列島以南の温暖な海。主に西表島、伊良部島、宮古島です。

養殖は各地で行われており、主な産地は沖縄本島の恩納村と久米島で、久米島が日本一の生産量を誇ります。国産の旬は10月から翌5月ごろ。つまり、夏以外の期間となります。また、国産以外にもベトナムやフィリピンなどからの輸入物も出回っています。

 

海ぶどうはいつから食べられるようになったの?

海ぶどうはいつから食べられるようになったの?

海ぶどうの歴史

古くから宮古島では天然ものの海ぶどうは食べられていましたが、現在のように多くの人が口にするようになったのは養殖技術が確立されてからです。

今では流通するほとんどを占める養殖海ぶどう。陸上養殖発祥の地は、沖縄本島でも屈指のリゾート地となっている恩納村です。

恩納村は、2006年に沖縄県が認定する拠点産地となり、2011年に恩納村漁業協同組合海ぶどう生産部会として農林水産祭の天皇杯を受賞するなど実力ある産地です。

そんな恩納村で海ぶどうの養殖試験がスタートしたのは1989年のこと。短期間で良質な海ぶどうを生産する養殖技術が開発され、1994年には海ぶどう生産部会が漁協で組織化。生産体制が整えられました。

当初の海ぶどうは全くと言って良いほど知名度がありませんでしたが、宿泊施設で提供し始めたところ観光客を中心に支持を集め、ぐんぐん生産量が伸び、沖縄県の重要な特産品の一つにまでなりました。

海ぶどうのおすすめの食べ方

生食

最もポピュラーな食べ方が生食。飲食店では、海ぶどうだけで出てくる場合もあれば刺身の付け合せとして提供されることもあります。通常は刺身と同じように醤油や三杯酢、ポン酢、酢味噌などに付けて食します。何も付けずに食べてもほのかな塩味があるのでおいしくいただけます。

生食はプチプチとした食感と磯の香りを最も楽しめる食べ方です。自宅で食べる場合は、事前に海ぶどうの周りについている汚れと塩をさっと洗うと良いでしょう。

注意
長い時間水に浸すと粒がしぼんで食感が失われてしまうので注意が必要です。

白飯の上に海ぶどうを乗せ、だし醤油や酢などをかけて食べる海ぶどう丼。沖縄県の観光地でもよく見かけるメニューです。マグロやサーモンなどの刺身やとろろと一緒に乗せても相性抜群でおいしくいただけます。

てんぷら

沖縄県ではてんぷらが大人気。ゴーヤやもずくのてんぷらは県民のソウルフードといえるほどにまでなっています。海ぶどうのてんぷらも居酒屋の定番メニューで、酒のつまみにぴったりです。外はサクサク、中はプチプチの食感が絶妙。海ぶどう自体に塩気があるので何も付けずにおいしく食べられます。

自宅で作る場合は、油の温度は160度、40〜50秒でさっと揚げましょう。粒の水分がはじけ出すとやけどの危険があるので、鍋蓋をして火を止めるようにしましょう。

 

海ぶどうの保存方法

海鮮のため冷蔵庫で保存したくなりますが、実は冷蔵庫に入れてはいけません。温暖な海で育つ海ぶどうだからか、10度以下になると粒がしぼんでしまい、海ぶどうのおいしさの秘訣であるプチプチとした食感が失われてしまいます。

とはいえ、高温や直射日光でも傷んでしまいます。適温は15〜28度、保存場所は日が直接当たらない涼しい日影がベストです。購入した海ぶどうが塩水の入ったパックであればそのまま保存し、なければキッチンペーパーで包み、箱に入れて密閉しておくと良いでしょう。生食の場合、一週間以上経ったものは念のため食べないようにしましょう。

 

海ぶどうの健康効果

海ぶどうの健康効果

生活習慣病の改善や抗酸化作用も

海ぶどうは栄養価の高い食材のため「長寿草」とも呼ばれます。海ぶどうにはほかの海藻と同様に鉄、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素などのミネラルや食物繊維、ビタミンが豊富です。海藻が栄養価に優れていることは多くの人が知るところですが、海ぶどうはさらなる健康効果を持っています。

まずはフコンダイン。これは海藻が持つヌルヌルの成分に含まれる栄養です。聞き慣れない名前かもしれませんが、コレステロールや中性脂肪の減少、血糖値を下げる働きを持つ有能な栄養素です。生活習慣病の改善や動脈硬化を防ぐ効果が期待されます。

次に、抗酸化作用が期待されるポリフェノール。ワインに含まれることでも有名な栄養素です。細胞が活性化することで美容効果もあると言われています。

さらに、新陳代謝を向上させる機能を持つカウレルパラセモサエキス。肌荒れの回復や美肌作りに効果があると注目されている栄養素です。

低カロリーでかつ豊富な健康効果が期待できる海ぶどうは、まさに有能な食材と言えるでしょう。

 

通販で海ぶどうを

沖縄みき屋 沖縄県産生海ぶどう

沖縄みき屋は沖縄県の特産品が買える通販。さまざまな特産品が販売されていますが、メインは海ぶどう。取引業者は450以上、なんと年間約40トンもの取引をしています。品質を守るために、生産者からの直送ではなく沖縄みき屋で一つずつ検品の後に小分けをしています。また、収穫した当日の発送となっているため新鮮さが保たれます。

 

新しい沖縄の味「海ゴーヤ」

海ゴーヤとは

海ぶどうの特産化が成功したことで、それに続けと、沖縄県中部にある金武町が新たに特産品開発に乗り出しました。その名は「海ゴーヤ」。海ぶどうと近縁種の海藻です。

海ぶどうと似た形をしていますが、つぶつぶが細長いことが特徴的。房がゴーヤに似ていることからその名が付けられました。食べ方は生食やサラダのトッピングなど。海ぶどうのぷちぷちとした食感に対して、海ゴーヤはしゃきしゃきとした食感でぬめりがあります。海ぶどうのように沖縄県の特産品となる日も近いと注目を集めています。

【商品紹介】琉球本舗 海人の海ゴーヤ

琉球本舗は沖縄の特産品が揃う通販サイト。全国どこでも送料が一律700円、1万円以上で送料がサービスになることが魅力です。海ゴーヤの販売もしており、青ジソノンオイルドレッシング付き200gが3,500円となっています。海ぶどうと同様に常温保存が基本となっています。

 

そのおいしさはもちろんのこと、栄養価の高さでも注目を集める海ぶどう。クセが少なく多くの料理に合う食材なので、さまざまな食べ方をしてはいかがでしょうか。