食品・食材トマトジュース好きにはたまらない!幻の品種を使用した極上の逸品を紹介!

トマトジュース好きにはたまらない!幻の品種を使用した極上の逸品を紹介!

トマトジュースは、非常に好き嫌いの分かれやすいジュースです。しかし、非常に栄養価が高くさまざまな効果に期待できるため、毎朝欠かさず飲んでいる人もいるほどです。そこで今回は、幻の品種と呼ばれるトマトを使用した、苦手な人でも飲みやすくおいしさ抜群のトマトジュースを紹介します。

まさに絶品!デリシャストマト丸しぼり&露しずく

まさに絶品!デリシャストマト丸しぼり&露しずく

デリシャストマト丸しぼり

栽培がとても難しく10個作っても商品として出荷できるのは6個ほどという「玉光デリシャス」は、「幻の品種」とも言われる希少なトマト。

  • 日光がしっかり全体に行き届くように苗同士の間隔を空ける
  • 有機肥料を使用した土作り
  • 徹底した水分管理

と細心の注意を払い、180日間をかけて育てられています。

また、市販されているトマトは糖度が4度~6度であるのに対して、玉光デリシャスは7度~9度の高糖度。酸味と甘みのバランスも良いため、まるでフルーツのような味わいと評されることもあります。

そんな幻の品種を100%使用して丸絞りにしたのがデリシャスファームの「デリシャストマト丸しぼり」。玉光デリシャスのおいしさ全てがぎゅっと閉じ込められています。

さらに、無添加・無塩のため、素材そのままのフレッシュな味わいとほんのり優しい甘さが口いっぱいに広がります。そのまま飲んでもおいしいですが、料理のアクセントに使ってみたりスイーツに合わせてみたりするのもおすすめです。

デリシャストマト露しずく

こちらも玉光デリシャスを使用して作られたトマトジュースです。

時間をかけて丁寧に何回も濾して作られる「デリシャストマト露しずく」は、トマトジュースでありながら金色の見た目をしています。口当たりもさらっとしていて飲みやすくフルーティーな味わいは、今までのトマトジュースの概念を覆すほどです。

雑味がなくトマト特有のクセも少ないため、トマトジュースが苦手な人でも飲みやすいジュースです。

デリシャストマト丸しぼり&露しずくセット

濃厚な赤色をしている丸しぼりと、透きとおるようなきれいな金色をしている霧しずくの2種類がセットになった商品で、二つ併せて紅白トマトジュースとも呼ばれています。

見た目にも楽しく飲み比べもできるため、ギフトとしてもたいへん喜ばれます。

 

トマトジュースで得られる効果

トマトジュースで得られる効果

では、トマトジュースに含まれる栄養素と期待できるさまざまな効果について見ていきましょう。

トマトジュースに含まれる主な栄養素

  • リコピン:熱にとても強く、優れた抗酸化作用を持つ成分のリコピンは、ビタミンEの100倍以上もの効果があると言われています
  • カリウム:利尿作用によって老廃物とナトリウムを排せつさせることで、血圧が上昇するのを抑える働きがあります
  • ビタミンC:リコピンと同様に抗酸化作用を持つビタミンCはほかにも、免疫機能に向上・メラニン生成の抑制・ストレスの軽減などの効果に期待できます

むくみ解消

トマトジュースに含まれるカリウムには、体内にたまった余分な塩分を体外に排出させる効果があります。これによって、むくみを抑えることにもつながります。

ただし、立ちっぱなし座りっぱなしや筋肉が足りないといった理由からくるむくみには当然効果はありませんので注意が必要です。

便秘解消

トマトジュースに含まれるペクチンという成分には整腸作用があるため、腸内の老廃物を排出し便秘解消に期待できます。毎朝欠かさず一杯飲むことを続けていれば、1日2回の便通も夢ではありません。

美肌・美白効果

非常に優れた抗酸化作用を持つリコピンは、しみの原因となるメラニン生成の抑制作用を持つため、美白には必須の成分です。さらに、美肌に必要不可欠なコラーゲンを生成するのに役立つビタミンCも多く含まれているため、美肌にも美白にも期待ができます。

ダイエット効果

京都大学の研究チームが行ったマウス実験によって、トマトジュースには、

  • 脂質とコレステロールを正常に保つ
  • 脂肪をたまりにくくさせる
  • 脂肪を燃焼させる

効果を持つとの成果を発表しました。

また、夜の間が一番活発に働く成長ホルモンとトマトに含まれるリコピンとが作用し、代謝アップにつながって痩せやすい体を作るため、ダイエットをする際にはトマトジュースは睡眠前に飲むのがおすすめです。

 

トマトジュースの飲み過ぎに注意

トマトジュースの飲み過ぎに注意

さまざまな効果に期待のできるトマトジュースですが飲み過ぎると逆効果になるので注意です。

例えば、リコピンを過剰に摂取すると、おなかが冷えてしまい調子を崩してしまうことも。また、カロテノイドという色素には、過剰に摂取してしまうと肌が黄色くなると言う症状を引き起こす恐れがあります。特に、手のひら・足の裏など体の先に出やすいと言われています。

体格によって個人差はありますが、トマトジュースの一日の摂取量はだいたい900mlが目安となります。これ以上飲んでしまうと上述したような症状が出てきてしまう可能性があるため、注意して飲むようにしましょう。

 

トマトジュースには、健康面や美容面にさまざまな効果があります。幻の品種を使用した二つのトマトジュースで苦手意識を克服して生活の中に取り入れ、健康的な毎日を過ごしていきましょう。