「関アジ」「関サバ」が大分県の地域ブランドとして確立されるまでの軌跡

「関アジ」「関サバ」が大分県の地域ブランドとして確立されるまでの軌跡
「関アジ(正式名:関あじ)」「関サバ(正式名:関さば)」は全国に知れ渡っている高級魚です。その体は、他のアジやサバにはないほのかな金色味を帯びており、類稀な味があります。大分県佐賀関沖の豊予海峡で大分県漁協佐賀関支店の組合員が一本釣りでとったアジとサバだけが、その名前を冠することが認められています。今回は、「関あじ」「関さば」が大分県の地域ブランドとして確立されるまでの軌跡をご紹介いたします。

「関アジ」と「関サバ」

大分県佐賀関の豊予海峡で釣れるアジとサバは、一般的に流通しているものといったい何が違うのでしょう。その答えは豊予海峡の地形にありました。この海峡は瀬戸内海の水塊と太平洋の水塊がちょうどぶつかり合う水域で、水温は年間を通して一定のために餌となる生き物が豊富に発生します。加えて荒波が起きやすく、魚が生きていくためには多量の運動が必要となります。

餌が豊富なため良く太り、荒波のため身が十分に引き締まることで、多くのアジやサバにはない絶品の味と歯ごたえが生まれるのです。

また、「関アジ」「関サバ」はすべて一本釣りでのみ漁獲されているのですが、これにも理由があります。普通アジやサバは「回遊魚」といって、季節に応じ一定の経路を群れで移動する習性があります。そのため通常の漁獲は、群れになって泳いできたところを狙い網で一網打尽とするのです。

しかしながら「関アジ」「関サバ」は回遊せず、一所の瀬に居付く「瀬付き」という他のアジやサバにはない習性があります。そのため網で一網打尽とはいかず、一本釣りによって漁獲されているのです。

旬と食べ方

アジは「5月~7月」、サバは「10月~12月」が一般的な旬な時期とされますが、「関アジ」「関サバ」はここでも他とは異なります。関アジは「3月~10月」、関サバは「10月~3月」とその旬の長さは圧倒的。専門家の間では、豊予海峡の水温が年間を通して一定であることが関係していると言われています。

また、料理方法も特別です。アジなら通常は塩焼きやタタキ、サバならシメサバや味噌煮といったところですが、「関アジ」「関サバ」は刺身料理でいただくのが通例。他にはない引き締まった身と歯ごたえのよさが刺身料理に絶品です。

 

大分の地域ブランド「関アジ」「関サバ」

大分の地域ブランド「関アジ」「関サバ」
出典:pixabay

地域ブランド化とは

「地域ブランド化」については、経済産業省で以下のように定義付けられています。

「地域ブランド化とは、①地域発の商品・サービスのブランド化と、②地域イメージのブランド化を結びつけ、好循環を生み出し、地域外の資金・人材を呼び込むという持続的な地域経済の活性化を図ること」

「関アジ」「関サバ」は、

①大分発のアジ、サバを活用していること
②地域外の資金や雇用を生み出していること

の2点から地域ブランドとして確立された商品であることが分かります。しかし、そのブランドが成功するまでには様々な苦労がありました。

関アジ・関サバのブランド化まで

1980年頃、佐賀関では魚価がなかなか上がらず、町の漁業者や漁協も厳しい状況を迎えていていました。「何とかこの状況を打破しなければ」と検討するなか、魚を獲る佐賀関漁協そのものが漁獲した魚を販売する案が浮上。

これまで漁協によって漁獲された魚は、専門の仲買業者を通して市場に出回っていました。その仲買業までも漁協が担うという当時としては異例の方法を行ったのです。

もともと佐賀関の一本釣りの漁師達は、西は長崎県の対馬、東は伊豆諸島・八丈島、南は鹿児島の奄美大島と広く沿岸瀬魚釣りを行っていました。そのため、佐賀関で釣れるアジやサバが特有な外観を持っていることを知っていたのです。

他とは異なり一級の質がある佐賀関のアジやサバ、それを最も知る漁協自らが広告塔となり販売に着手しました。これが「関アジ」「関サバ」の地域ブランド化のはじまりでした。

佐賀関漁協は巨大市場東京で展開するため、佐賀関産のサバを刺身で提供するキャンペーンを計画するも、その会場探しに苦労する日々。当時、外見は新鮮そうでも中身が腐っていることがあるサバを刺身で食することは、タブーとされていました。生のアジやサバを提供することは東京都内のホテル等の会場からは拒まれていたのです。

ようやく見つかった会場は同じ漁協グループの全国漁業協同組合連合会が管理する場所で、キャンペーンも一定の成果を上げました。その後、品質が評価されて都内有名店での取り扱いが開始。好景気に後押しされ消費は急拡大します。出せば出すだけ高値で売れ、1本1万円以上で取引されることもありました。

ブランドの維持のために

景気に後押しされ急拡大した「関アジ」「関サバ」は、そのままの勢いで誰もが知る「高級魚ブランド」として確固たるものとなりました。しかしながら、高値で売れる魚として類似品が市場に流出。対策として、水産品として初めての地域団体商標を登録しました。

また1990年代、バブル崩壊の影響で消費は低迷。大都市圏を中心に販促していた「関アジ」「関サバ」もあおりを受けます。
この状況から抜け出すために、佐賀関漁協は大都市圏だけではなく各県での試食会の開催や「関アジ」「関サバ」を使用した加工品の製作にも取り組みました。

品質を維持するためにも様々な工夫が施されるようになります。通常、魚は早朝に行われる市場に間に合うよう漁獲されますが、佐賀関で獲れるアジ、サバについては一本釣り後にそのまま出荷されずに一度生けすへと送られます。生けすで寝かせる理由は、魚の漁によるダメージや過度のストレスを軽減させるためです。

「関アジ」「関サバ」の地域ブランドの維持は、単に魚の品質維持だけではない佐賀関漁協の工夫や苦労があってこそだったのです。

 

旬が美味しい!「関アジ」「関サバ」を通販で楽しむ

旬が美味しい!「関アジ」「関サバ」を通販で楽しむ
出典:pixabay

次に、「関アジ」「関サバ」を通販で取り扱っている商品をご紹介。絶品とされる刺身でお楽しみいただけるものもあります。

佐賀関漁協 一本釣り活け締め 関あじ(2尾)

産地直送で、肉質・脂・旨み、どれをとっても特級品の「関あじ」です。着日であれば刺身でお楽しみいただけます。

田辺海産 サバの開き(2匹×3袋セット)

「関サバ」と同じ豊予海峡がある豊後水道にて水揚げされたサバの開き。脂がしっかりと乗った絶品の干物です。

大分県漁業協同組合 関あじ関さば りゅうきゅうセット

新鮮な関アジと関サバを贅沢に甘辛いタレに漬け込んだ、大分の郷土料理「りゅうきゅう」。大分の漁師が沖縄の漁師に作り方を聞き、持ち帰ったことからその名が付けられたとされています。熱々のごはんの上にのせた「りゅうきゅう丼」も絶品です。

 

年に1度の「関あじ・関さば祭り」

年に1度の「関あじ・関さば祭り」
出典:photoAC

通販ではなく現地大分の佐賀関を訪れて食べたいという方へは、年に1度開催される「関あじ・関さば祭り」もおすすめです。「関アジ」「関サバ」の旬が重なる毎年3月の中旬頃に、大分市佐賀関にて「関アジ」「関サバ」の刺身やクロメ汁が低価格で味わえるイベントです。その他のご当地の海産物や特産品の販売も行われています。

もちろん、お祭り以外の日も佐賀関の飲食店では「関アジ」「関サバ」を扱った料理をいただくことができます。大分へお越しの際は、ぜひ佐賀関まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

いかがだったでしょうか。
大分佐賀関特有の自然環境が生んだ「関アジ」「関サバ」を、ぜひ一度ご賞味ください。

関連記事