バリアフリーの意味とは?体に優しいおすすめの温泉宿もご紹介!

バリアフリーの意味とは?体に優しいおすすめの温泉宿もご紹介!
すっかり定着した「バリアフリー」という言葉。駅に行けばエレベータや身体の不自由な人のためのトイレがあり、電車に乗れば車いすスペースもあります。本記事では、バリアフリーの意味とその取り組みの実例をご紹介します。

バリアフリーってどんな意味?

バリアフリーってどんな意味?
(写真:photoAC)

バリアフリーとは

道を歩いているときのちょっとした段差、歩くのに問題がない人にとっては何ということなく乗り越えられるものも、足や目など身体の不自由な人にとっては大きな障壁となります。このような障壁(バリア)を取り除く(フリー)ことを「バリアフリー」と呼びます。

バリアフリーという言葉は、元々は建築用語でした。建物内外の物理的な障壁を除去するという考え方からスタートして、現在では建築物に限らず、さまざまな障壁を取り除いて生活しやすくするという、広い意味で使われるようになっています。

バリアフリーとユニバーサルデザイン・ノーマライゼーション

「バリアフリー」とよく似た言葉としてよく耳にするのが「ユニバーサルデザイン」です。ユニバーサルデザインは、障がいを持つアメリカ人建築家ロナルド・メイスによって1980年代に提唱された考え方です。

メイスは、バリアフリーが障がいを持つ人だけを特別扱いしていることに不満を持っていました。そこで、障がいの有無に関係なく、全ての人が使いやすいものを最初から設計して造る、という考え方をユニバーサルデザインとして提唱しました。

バリアフリーが「すでにある障壁を取り除く」という考え方であるのに対し、ユニバーサルデザインは「できるだけ多くの人々が利用できるように製品・建物・空間などをデザイン」するというものです。

ユニバーサルデザインには、以下の7つの原則があります。

・公平性:誰もが平等に利用できる
・安全性:危険がなく、安心して利用できる
・柔軟性:あらゆる人に応じた使い方が選択できる
・省体力:無理な姿勢をとることなく、楽に利用できる
・単純性:使い方が直感的に理解でき、簡単である
・スペース確保:利用するのに適切な広さと幅がある
・分かりやすさ:必要な情報が容易に理解できる

このようなユニバーサルデザインの根底にあるのが、「ノーマライゼーション」という考え方です。ノーマライゼーションとは、年齢、性別、体の自由・不自由、知覚・行動能力の違いなどに関わりなく、平等に生活することが当たり前であるという考え方です。

バリアフリー、ユニバーサルデザインとも、目指すところはこのノーマライゼーションが浸透することにあると言えます。少子高齢化が進展する日本では、この考え方を取り入れた国づくり・まちづくりがますます重要となっています。

さまざまなバリアフリー化

バリアフリー化の例を、建築物、通路・道路、交通機関のそれぞれについて見てみましょう。

建築物

・玄関、出入り口:出入り口の幅を広くする、自動で開く戸を設ける、段差をなくす

・トイレ:出入り口を広くする、洋式便器にする、手すりを設ける

・受付カウンター:低いカウンターを設けて車いすの人も利用しやすくする

通路・道路

・通路:手すりを設ける、点字ブロックや点字案内を設ける、障害物をなくす

・道路:音声案内を設ける、歩道橋にスロープやエレベータを設置する、信号を歩車分離式にする

交通機関

・駅、バスターミナル、空港:エレベータやエスカレータを設置する、段差を極力なくして平面移動できるようにする、転落防止のドアを設ける

・バス:乗降口に段差のないノンステップバスの導入、車いすを昇降できるリフトを設置する

・鉄道:車内に車いすやベビーカーが利用できるフリースペースを設ける、ドアや手すりの色を目立たせる

建築物におけるバリアフリー化から道路・歩道、交通機関まで、日常的に利用するさまざまな施設における取り組みが進められています。

 

「バリアフリー新法」について

「バリアフリー新法」について
(写真:photoAC)

バリアフリー新法とは

2006年12月、それまでのハートビル法と交通バリアフリー法を統合・拡充した新しい法律である「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」が施行されました。

通称「バリアフリー新法」と呼ばれるこの法律が生まれた背景は、それまでにあった法律によって個別の施設でのバリアフリー化は進められていたものの、連続的・面的なバリアフリー化が進展していなかったことや、ソフト面での対策が不十分であったことでした。

バリアフリー新法の目的は、高齢者や全ての障がい者、妊婦、けが人といった、何らかの不自由を抱えている人々の利便性や安全性を向上させることです。

そのため、以前の法律ではバリアフリー化の対象となっていなかった駐車場や都市公園においてもバリアフリー化が求められるようになりました。また、鉄道駅を中心とした地区、高齢者、障がい者などが利用する施設が集中する地区などにおける面的なバリアフリー化を促進することとしました。

「心のバリアフリー」の取り組み

高齢者や障がい者が安心して日常生活や社会生活を営むためには、バリアフリーの施設整備だけでは足りません。若い人や障がいのない人が高齢者や障がい者の感じる大変さを知り、自分の問題として対策にも積極的に取り組む「心のバリアフリー」が重要です。

施設における各種のバリアフリー化がハード面の整備であるならば、心のバリアフリーはソフト面での重要な取り組みと言えるでしょう。

心のバリアフリーを推進するため、国や地方自治体、学校やボランティア団体などの各種団体が「バリアフリー教室」を開催しています。この教室では、高齢者や障がい者の疑似体験や介助体験をすることで身体の不自由な人の困難な状態を知り、バリアフリー化への理解を深めるきっかけを得ることができます。

バリアフリー法に基づく取り組み状況

バリアフリー法の施行以降、公共施設などのさまざまな施設においてバリアフリー化の取り組みが加速しています。

特に、利用者の多い交通機関ではさまざまな取り組みが積極的に進められています。

旅客施設(一日当たりの平均利用者数3,000人以上、2016年度末時点)

・視覚障がい者誘導用ブロックの設置:93.8%
・段差の解消:87.2%
・障がい者用トイレの設置:84.2%

車両などのバリアフリー化(2016年度末時点)

・鉄軌道車両:67.5%
・ノンステップバス:53.5%
・旅客船:40.3%
・航空機:97.1%

 

バリアフリーに対応したおすすめの温泉宿

バリアフリーに対応したおすすめの温泉宿
(写真:photoAC)

身体も心も癒やしてくれる温泉。しかし、古くからある趣深い温泉宿の多くは、階段があったり通路が狭かったりと、高齢者や障がい者には利用しづらいというイメージがあります。

公共施設でバリアフリー化が進められているのと同じように、温泉宿においても車いすや介助が必要な場合にも利用しやすいバリアフリーの温泉宿が増えてきています。バリアフリーを積極的に取り入れている温泉宿を三つ紹介します。

ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート

北海道南西部に位置する洞爺湖温泉は、火山が造り出したカルデラ湖の湖岸に立地する、雄大な自然のなかにある温泉郷です。

湖畔に立地する「ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート」は、全室レイクビューの客室を擁し、洞爺湖の絶景に包まれるようにして過ごすことができます。

バリアフリーにも力を入れており、バリアフリーツインルームを三室用意しています。この部屋は段差がなく車いすのまま入室でき、手すりが付いた洗面所、トイレ、バスルームを備えています。客室の広さは56平方メートルと広々しており、介助する人も一緒にくつろぐことが可能です。

バリアフリーツインルーム以外の客室も全般的に平坦なフローリングで段差が少なく、車いすのまま利用できる構造。また、館内の食事会場につながる通路にもスロープが設けられており、車いすの人が利用しやすい配慮がなされています。

箱根湯本温泉 ホテルはつはな

神奈川県箱根町の湯本温泉は、四季を通じて多くの行楽客でにぎわっています。「小田急 ホテルはつはな」は湯本温泉街の最も奥に位置し、とても静かで良好な環境が保たれています。

渓谷の斜面に立地していることから館内には高低差があるものの、各所にスロープが設けられています。また、大浴場へは専用のスロープカーが設置されており、足の不自由な人でも容易に温泉を楽しめるよう配慮されているのもポイントです。

さらに、車いすでの利用に配慮したバリアフリー客室も用意されています。車いすのままバスルームへ移動し、楽に湯船に浸かることができる構造となっています。

箱根といえば箱根細工に代表される木工製品が有名ですが、その箱根らしい独特な木製の車いすが貸し出し用として用意されているのも特徴です。

洲本温泉「ホテルニューアワジ別亭 淡路夢泉景」

洲本温泉は、瀬戸内海に浮かぶ淡路島の東岸に立地しています。「ホテルニューアワジ」は洲本温泉に複数の宿泊施設を運営するホテルであり、風光明媚な瀬戸内海を眺めながら温泉を楽しむことができます。

「ホテルニューアワジ別亭 淡路夢泉景」は、ロビーや館内施設においてできるだけバリアフリーを意識し、高齢者や妊婦、小さい子連れの客を含む全ての人が安心して快適に過ごせる宿泊施設づくりに取り組んでいます。

また、貸し切りの家族風呂には、ホテルとしては珍しい「スライドイン入浴システム」が設けられています。この設備を利用すると、スライド式のシャワーチェアに乗って浴槽の上まで移動し、その後にチェアーが浴槽まで下りることで、人が介助することなく温泉に浸かることができます。浴槽への上り下りをせずに温泉を楽しむことができる設備です。

 

私たちが生活している環境には、さまざまな障壁がたくさんあります。身体に不自由なところがないと、つい身体の不自由な人が直面している困難を忘れてしまいがちです。障がいがある人も、ない人も同じように生活できる、そのような社会づくりにぜひ取り組んでいきましょう。

関連記事