今さら聞けないおせち料理の意味とマナー

今さら聞けないおせち料理の意味とマナー
正月に毎年口にするおせち料理。古くから地域で受け継がれてきた風習です。入っているそれぞれの食材の由来やマナーに目を向けてみるのも良いのかもしれません。

おせち料理の由来・意味

おせち料理の由来・意味
(写真:photoAC)

おせち料理は正月に食べる料理として広く認知されていますが、もともとは節句に作られる料理を指していました。節句は季節の節目になる日で、その日はお祈りをしたり日々の感謝をしたりと、伝統的な行事を行う風習があります。

さまざまな節句がありますが、そのうち5つが「五節句」として公的な行事に定められたのは江戸時代でした。

五節句は以下のとおりです。

・七草の節句(1月7日)…七草粥を食べます
・桃の節句(3月3日)…雛祭の日。菱餅や白酒をいただきます
・菖蒲の節句(5月5日)…菖蒲酒を飲み菖蒲湯に入ります。関東地方では柏餅を、関西地方ではちまきを食べます
・七夕(7月7日)…素麺を食べます
・菊の節句(9月9日)…菊を浮かべた酒を飲みます

この五節句の祝儀料理のことを御節供(おせちく)と呼んでいましたが、時を経るにつれて、正月に食べる祝儀料理のことを指しておせちと呼ぶようになりました。

年初めにおせち料理を食べることには、神様にお供えしたものをみなで食べることにより結び付きを深め、その恩恵にあやかろうという意味があります。おせちにはさまざまな品目が詰められていますが、それぞれにいわれや意味があります。

現在ではおせちを食べるタイミングは元旦が主となっていますが、以前は大晦日に食べるケースが多くありました。北海道や東北、長野では今も大晦日におせちを食べる風習が残っています。

おせちは、「めでたさを重ねる」という縁起を担いで重箱に入れられます。上の箱から「一の重」、「二の重」…と数え、四段目は縁起が悪いということから「与の重」と呼ばれます。

一の重

「祝い肴」と呼ばれる数の子、黒豆、田作りなどが入ります。

卵の数が多い数の子は子孫繁栄と五穀豊穣、黒豆は長寿と無病息災、イワシの幼魚の佃煮である田作りは、カタクチイワシを田の肥料に使ったところたくさんの米が収穫できたことに由来して五穀豊穣の意味が込められています。なお、関西では田作りの代わりにたたき牛蒡が入ります。

この3つは「祝い肴3種」と呼ばれ、おせち料理には欠かせないものとなっています。「祝い肴3種と餅があれば最低限のおせちになる」とも言われているほど重要な3品です。

二の重

栗金団、伊達巻、紅白かまぼこなど「口取り」と呼ばれる料理が詰められます。栗金団は金銀財宝の意味で金運アップを願うもので、伊達巻は巻物(書物)を意味し、学問を修めることを願う縁起物です。かまぼこは形状が初日の出に似ていることから縁起物として用いられ、赤は魔除け、白は清浄を意味しています。

三の重

ブリや鯛、エビなど海の幸の焼き物が中心に詰められます。ブリは出世魚のため出世を願い、鯛は「めでたい」との語呂合わせ、エビは髭が長く腰が曲がっていることから長寿を祈願した縁起物となります。

与の重

酢の物や煮物がメインとなります。酢の物は紅白なます、ちょろぎ、レンコンなど。大根と人参で紅白を表現したなますは紅白の水引にあやかっています。ちょろぎは「長老木」の語呂合わせから長寿を願い、穴がたくさんあるレンコンは将来の見通しが効くという意味で縁起物とされています。

五の重

控えの重で、空になっていることが多いです。「まだ満杯ではなく、繁栄していく余地を残しているから」とのいわれがあります。

 

おせち料理に関するマナー

おせち料理に関するマナー
(写真:photoAC)

食べ方やマナー

祝儀料理であるおせちにはさまざまなマナーがあります。それぞれの地域や家庭で異なりますが、一般的なマナーを紹介します。

食べる順番

一の重、二の重と上から順番に食べていくのがマナー。家族であれば一家の主、親戚や大人数で集まる場合は年長者から箸を付けるという決まりもあります。

祝い箸

おせちを食べるときは両端が細くなっている祝い箸を使います。「片方は人が使い、片方は神様が使う」という意味があり、取り箸を使うのも厳禁。使うのは片側だけにしましょう。

お雑煮

元旦から3日にかけてお雑煮を食べますが、毎日一個ずつ餅の数を増やしていくことが「食い上げる」と言われ、縁起が良いとされています。

お屠蘇のタイミング

お屠蘇(とそ)とは、一年の邪気を払って長寿を願い、正月に飲む祝い酒のこと。屠蘇散(とそさん)と呼ばれる山椒や桔梗など数種類の薬草がブレンドされたものを、日本酒やみりんに浸して作ります。

元旦、おせちに手を付ける前がお屠蘇を飲むタイミング。全員がお屠蘇を飲むまでは料理に手を付けてはいけません。年齢が若い順に飲んでいきますが、おせちを囲む人のなかに厄年の人がいる場合は、その人が最後に飲みます。

喪中でもおせちは食べて良いのか

喪中期間とは、親族に不幸があった後、慶事などのお祝いごとに出席しない期間のことを指します。親が亡くなった場合は13か月、父方の祖父母の場合は150日、母方の祖父母の場合は90日となっています。

喪中期間は年賀状を出さないことが通例ですが、おせち料理も新年を祝う料理のため、喪中期間は基本的に避けた方が良いとされています。

ただ、重箱や祝い箸を使わず、紅白の料理も入れず、あくまで日常の食事として食べる家庭もあります。家庭内で食べるおせちに関しては家族の考えを尊重すべきでしょう。

 

地域ごとに違う全国の郷土おせち料理

地域ごとに違う全国の郷土おせち料理
(写真:photoAC)

「おせち料理」と一口に言っても、内容は全国各地でさまざま。おせちで最も重要な祝い肴3種に関しても関東と関西とでは異なり、お雑煮も関東は角餅を使い醤油ベースの汁が主流なのに対して、京都では丸餅を使った白味噌ベースのものが主流です。

氷頭なます(北海道)

「氷頭(ひず)なます」は、北海道や新潟などのおせち料理でよく用いられます。氷頭は鮭の鼻先にある軟骨部分のことで、氷のように透き通っているためにそう呼ばれています。この氷頭を大根と人参のなますに加えたものが氷頭なますと呼ばれます。

モロサメの煮物(栃木県)

モロサメとはアオザメのことで、古くからサメは長距離輸送が可能だったため、海のない栃木県では貴重な海産物として重宝されてきました。今でも栃木県内のスーパーにはサメが売られていることがあります。

そんなモロサメを煮付けたのがモロサメの煮付けで、栃木県のおせち料理の人気メニューになっています。

にらみ鯛(大阪府)

「にらみ鯛」は大阪府や京都府のおせち料理で古くから行われてきた「風習」です。一見普通の尾頭付きの鯛ですが、正月三が日の間は食事の際に縁起物として膳に上がるものの、一切手を付けることが許されません。3日にらんで4日目に食べるため「にらみ鯛」と呼ばれます。

「自分たちはすぐ食べずに神様にお供えして先に食べてもらおう」という風習ですが、今ではあまり見られなくなりました。

クジラ(長崎県)

古くから長崎県の東彼杵では捕鯨が盛んに行われており、長崎には鮮度の良いおいしいクジラが多く流通していました。現在でも、クジラの消費量が多く鯨食文化が根付いている長崎ではおせち料理によく用いられます。これは、「クジラのように太く長く生き抜く」といういわれがあるためです。

 

知れば知るほど奥が深いおせち料理。次に食べるおせちは、意味やマナー、風習などを家族で共有してから食べてみてはいかがでしょうか。

関連記事