会社立ち上げ&フリーランスや副業を始めようとしている人に必須のサービス3選

会社立ち上げ&フリーランスや副業を始めようとしている人に必須のサービス3選
自分で会社を作ったり、あるいはフリーランスとして活動したりする際に避けては通れない道、それがお金回りの処理。案件に集中したいのに、どうしてもこの雑務に翻弄されてしまう人が大勢います。特に地域で活動するとなると、会計や給与計算などについて相談できる知識を持った人が少ないというケースもしばしば……。

そこで今回は、フリーランスや副業を始めようとしている人でも、あるいは自分で会社を作ったばかりの人でも、ほとんど費用が必要なく、簡単にお金に関するタスクを処理できるサービスをテーマごとに一つずつ紹介していきます。

 

仕訳や決算書・確定申告書が驚きの12ヵ月無料の「弥生会計シリーズ」

毎日のお金の出入りを記録する仕訳。一般的には月ごとにその数値を集計して会社の財務状況について振り返り、さらに一年ごとには決算書(個人の場合には確定申告書)の形にまとめて税務署に提出します。

決算書(確定申告書)は法人や個人にとっての通信簿と言われるほど重要なものですが、これを作るために一年に一度だけ作業をすれば良いというわけではありません。

できる限りこまめに仕訳を行って会社や個人の収入や支出の傾向をつかみ、「次の一手」を考えるための材料としましょう。

フリーランスや副業を始めようとしている人

フリーランスとして活動していたり、会社からとは別に一定の収入源がある場合、毎年の所得額を計算する確定申告書の作成が必須になります。

一年間無料で確定申告もできる青色申告

もっとも使われている会計ソフトの「弥生シリーズ」のやよいの青色申告オンライン
は、レシートなどを写真に撮るだけで自動で仕訳が行われるなど、とても簡単に行えます。

12ヵ月間は無料で、かつ確定申告書の作成もできるという高機能。一年間使ってハードルが高いとされる確定申告書の作業も一度やってみてから続けるか判断するのも良さそうです。

また、Macやスマホからでも使えるなど、環境面でも充実。最初に使ってみる会計サービスとしてはベストでしょう。

楽をしたければ白色申告も可能

「とにかく簡単に申告を済ませたい!」という人には、やよいの白色申告オンライン
がベスト。こちらはなんと、やよいの青色申告オンライン以上に驚きのずっと無料。それにも関わらず使える機能には全く制限がない、至れり尽くせりの内容です。

【紹介サービス】




会社を立ち上げた人・立ち上げたいと思っている人

もちろん、法人向けの会計サービスも用意されています。驚くべきはその内容。

2015年以降に設立された法人であれば14ヵ月が無料。しかも、税理士に頼むと10万円以上はかかってしまう決算書も無料で作成できます。また、電話やチャットでもサポートも無料で受けられるなど、信じられない充実さです。

2018年いっぱいまでの期間限定なので、使わない手はないでしょう。

【紹介サービス】


 

仕事をゲットしたら必ず必要な見積書や請求書が無料で「Misoca(ミソカ)」

生活の糧とするためにゲットした仕事のやり取りのなかで費用がかかるのは、あまり気持ちの良いものではないでしょう。できるだけ無料で、かつ簡単に済ませたいもの。

この分野でもっとも有名なMisoca(みそか)は、一歩も二歩も先を走っています。

デザインが自由に選べるのはもちろんのこと、作成した書類をPDFでダウンロードしたり、郵送も行うことができます。さらには一年間無料のおまけ付き。文句なしの内容です。

無料プランでも月5通までの請求書が作成可能かつ見積書や納品書は無制限で可能なため、始めの数ヵ月は無理をして有料プランにはせず、無料プランでも不足なく業務が行えるでしょう。

【紹介サービス】



 

個人でもやっておくべき給与計算・労務管理「freee」

日々の業務に忙殺されるとつい怠りがちになるのが給与計算や労務管理。実際に月末になると一気にバタバタするケースが多く見られます。

細かな計算が必要とされるこの分野は、人力で行うのは非常に難しい分野。可能な限りどれかのサービスに登録しておくことがベターです。

個人から小規模事業者、中堅・大型の法人のいずれもカバーできる無料でお試しから始められる【人事労務freee】は、給与計算や労務管理だけでなく、所得税の納付書まで作れるという優れもの。

時間のかかる年末調整ももちろん行えるなど、管理業務の多くをカバーできます。

【紹介サービス】


いざフリーランスになったり法人を作ってみると、その後の雑務の多さに驚かされることでしょう。その際の手間を少しでも省くためにできるだけ準備段階の早いタイミングでこれらのサービスを触ってみて、総務業務のイメージをつかんでおくと良いでしょう。

おすすめ記事