超定番から変わり種まで!北海道でおすすめのお土産!

超定番から変わり種まで!北海道でおすすめのお土産!
おいしいものがたくさんある北海道には、おいしいお土産もたくさんあります。「どれを買ったら良いか分からない!」と頭を悩ませる方も多いでしょう。定番中の定番からおつまみまで、人気の北海道土産をご紹介します。

北海道で超定番のお土産

石屋製菓「白い恋人」

北海道土産としてまず名前が挙がるものは、石屋製菓の「白い恋人」でしょう。

歯ごたえを感じるほど厚みのあるホワイトチョコレートをサクッとしたラング・ド・シャでサンドしたこのお菓子は、それぞれの味がしっかりしているので、何度食べても飽きることがありません。

白地に水色のラインがある菓子箱の中央には利尻島の利尻山、個別の濃青パッケージには雪がデザインされており、北海道らしさを引き立てています。

1976年(昭和51年)12月の発売開始以来、お土産だけでなく自分用に買うという人も多い商品です。ホワイトチョコレートではなくブラックチョコレートをサンドした「白い恋人・ブラック」も販売されています。

六花亭「マルセイバターサンド」

銀地に赤いレトロなパッケージが目印の「マルセイバターサンド」。しっとりサクサクのクッキーに、北海道産牛乳100%のバター・ホワイトチョコレート・レーズンのクリームがサンドされています。バターの味がしっかりのクリームにはラム酒の風味がするレーズンがたっぷり入っていて、食べごたえがあります。

マルセイバターサンドは1977年(昭和52年)、六花亭製菓の社名変更の際に誕生しました。「時間が経ってもサクサクした食感を」と材料にこだわって作られたバターサンドは、パッケージにもこだわっています。

「成」を○で囲んだ文字が「バ」と「タ」の文字に挟まれているパッケージは、十勝開拓の父と呼ばれる依田勉三氏が結成した晩成社が十勝で始めて作ったマルセイバターにちなんで作られています。

ルタオ「ドゥーブルフロマージュ」

1998年(平成10年)に小樽で開店した洋菓子舗・ルタオ。ルタオの看板とも言うべき、創業当時から高い人気を誇る商品が「ドゥーブルフロマージュ」です。

見た目はシンプルですが、カットすると2層になっているのが分かります。上段のマスカルポーネチーズのレアチーズケーキと下段のベイクドチーズケーキが、絶妙な口溶けを生み出しています。

なめらかで溶けるような食感なのにしっかりチーズのコクを味わえるドゥーブルフロマージュは、当初、店頭でしか食べることができませんでした。おいしさが広まって全国各地からの要望が増えたことで、冷凍しても味が落ちない技術を開発。電車や飛行機など、遠路へのお土産としての購入も可能となりました。

 

北海道でおすすめのお土産

北海道でおすすめのお土産
出典:photoAC

石屋製菓「美冬」

白い恋人で知られる石屋製菓では多くのお菓子が販売されていますが、「美冬」も高い人気を誇っている商品です。

サクサクのパイとクリームをチョコレートでコーティングしたミルフィーユは、3つの味を楽しめます。ブルーベリーとブラックチョコレート、キャラメルとミルクチョコレート、マロンとホワイトチョコレートの組み合わせは、チョコレートのおいしさを最大限に引き出しています。

2017年(平成29年)に、優れた味覚と品質を持っていると認められる製品として、国際味覚審査機構(iTQi)・優秀味覚賞を受賞。石屋製菓のこだわりがたっぷり詰まったミルフィーユです。

北菓楼「北海道開拓おかき」

北海道産のもち米と北海道産の塩という、北海道の原料で作られたおかきです。米とぎから油揚げ、味付けまですべて手作業で行われており、作業日程は約7日に及びます。

増毛甘エビ味、枝幸ホタテ味、函館いか味、標津秋鮭味など、おかきの味も北海道ならでは。サクサクの食感は、食べ始めると止められないと評判です。

おやつとしてもおつまみとしてもおすすめの「北海道開拓おかき」は、上記のとおり作業に7日かかることから「七日おかき」とも呼ばれています。

小樽あまとう「マロンコロン」

1929年(昭和4年)という小樽の老舗洋菓子店「小樽あまとう」。ケーキ、チョコレート、アイスクリームと甘くておいしいお菓子がたくさんありますが、お土産として人気が高い商品が、レトロな袋の「マロンコロン」です。

丸くてサクサクのサブレを3枚重ねにしたものに、あまとうオリジナルのチョコレートをコーティングしています。味はアーモンド、チーズ、カカオ、ウォナッツの4種類。厚みがあって食べごたえがあるマロンコロンは日持ちもします。

また、オリジナルのマロンコロンのほかにも、

・宇治抹茶を使った抹茶のマロンコロン
・香りが特徴の紅茶のマロンコロン
・フリーズドライのいちごを使ったいちごのマロンコロン

などもあります。

シ・サワット「杜氏の贅沢マカロン」

遠方からも購入者が訪れる、夕張郡栗山町のシ・サワット。ケーキだけでなく、マカロンのおいしさにも定評があるお店です。

マカロンといえば、カラフルな色合いやさまざまな味わいが特徴ですが、シ・サワットでは酒粕を使ったマカロンが販売されています。ふんわりさくさくした白い生地には酒粕入りのバタークリームがサンドされており、酒粕の香りと控えめな甘さが特徴です。

酒粕は、同じ栗山町の小林酒造のものが使われています。「北の錦」で知られる小林酒造は、1878年(明治11年)に創業した老舗。

「杜氏の贅沢マカロン」は、自家製アーモンドプードルをたっぷり使った、珍しい和のマカロンとなっています。

 

大人向け!北海道でおつまみのお土産を

大人向け!北海道でおつまみのお土産を
出典:photoAC

布目「社長のいか塩辛」

1941年(昭和16年)創業の「布目」。函館で多くのおいしい北の幸を開発・販売していますが、そのなかでも人気の高い商品が「社長のいか塩辛」です。

社長がお客様へのお土産として配っていた塩辛がおいしいと評判になり、商品化。そのまま名前となりました。北海道産の真いかと調味料を4日かけて熟成させて作った塩辛には、イカとイカの生肝臓(ゴロ)もたっぷり入っています。

味とともに食感もしっかり楽しめる塩辛は、白いご飯にはもちろん、お茶漬けや蒸しイモ、お酒のおつまみとしてもおいしくいただけます。濃厚で絶妙な塩加減が人気の商品です。

王子サーモン「クマつまみ」

厳選された鮭でおいしいサーモンを作り続けている「王子サーモン」。紅鮭のスモークサーモンや時鮭のスモークサーモンなど多くの商品がありますが、ちょっとしたお土産におすすめしたいのが「クマつまみ」です。

秋鮭のスモークサーモンをドライチップにしたもので、「クマもうなるおいしさ!」が名前の由来です。塩味が控え目で食べやすく、おつまみにぴったり。クマがサーモンのドライチップをつまんでいるパッケージもユニーク。軽量なのも嬉しいポイントです。

札幌カリーせんべい「カリカリまだある?えび」

スープカレーのお店、札幌カレーヨシミの「カリカリまだある?」。しっかりカレーの香りがするせんべいはつまみやすく、おやつやおつまみに人気の商品です。

大人気商品の第2弾として発売されたものが「カリカリまだある?えび」。風味豊かなカリー味に、殻ごと砕いたえびがふりかけてあり、ヨシミの人気メニュー「まるごとえびスープ」を再現しています。

カリカリまだある?と同様、小袋入りなので食べやすく、スパイシーなカレーと香ばしいえびのおいしいコラボレーションを楽しむことができます。

 

おいしくておしゃれなものが多い北海道のお土産。たくさんあって迷ってしまいそうですが、家族や友人、会社の同僚など、それぞれにぴったりのお土産を楽しみながら探してみてください。

関連記事